読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこの嘘

結構毛だらけ

h


f:id:machiavellism2285:20160605205251j:image


老いたひとの眼差しが美しいのは
若さにこそ価値があることを知り
こうべを垂れて
手に取ったこれがもぎ立てであろうと、完熟であろうと執着せず
美化された過去に温かい眼差しを向け
夕暮れ時にひとり
伸びる自分の影を慈しむ
いつかこの影さえも、消えるだろうと
沈む夕陽を夜へ解放し
諦めを静かにばたつかせている

若さは若いものへ、しかるべきところへ奉納され、残った者は擦り切れた余裕を持て余し、退屈
恍惚へすすんでゆく
一寸先の闇は滴る果汁でべとついてうまく動けない


物事はすべて対です
若さの中に醜さを持ち
老いの中に美しさを築く
鏡の中へ


老いる前に旅へ。

広告を非表示にする