読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこの嘘

結構毛だらけ

u

感覚としての言語

第一言語が幼少期に身につくならば

可能な限り父と母が別の第一言語を持っている家庭に育てるほうがいいのかもしれない

微妙な感覚を修正する技術は第一言語をふたつもつものの強みとなる

発育期を終えてからの訓練は遅すぎるのだろう

もしくは、体得するまでにかなりの時間を要してしまうに違いない

それは嗅覚のよう

 

 

広告を非表示にする